So-net無料ブログ作成
検索選択

色鮮やかな花 [庭の花]

PICT0015.JPG

 ベゴニアの花です。

 霜に弱いので、冬は室内に置いていました。春になって、外に出しました。

 室内でも咲いていたので、1年中ずっと花を見ることができます。

 ベゴニアの花言葉=愛の告白・片思い


 赤色系統の鮮やかな花たちです。


PICT0042.JPG

 ゼラニウムの花です。

 真ん中が赤く周りがピンクです。

 遠くからでも鮮やかな色が目に飛びこんでくる花です。

 ゼラニウムの花言葉=愛情・慰め・君ありて幸福


PICT0007.JPG

 カランコエです。

 一重のカランコエは、よく見ますが八重のカランコエです。

 花がくっついて咲く感じで、華やかです。

 玄関の靴箱の上の、グリーンのアイビーの横に置いていました。

 カランコエの花言葉=幸福を告げる


 
PICT0006.JPG

 
 ナスタチウム

 赤やオレンジの花びらのハーブです。

 サラダなどに入れると、彩りが美しくなります。

 ナスタチウムの花言葉=愛国心


 愛国心といえば、

 国をあげての競技であるオリンピックが、いよいよ始まりました。

 今回は、イギリスでのロンドンオリンピック。

 開会式の様子もイギリスらしさが出て、良かったですね。

 穏やかな田園風景から、歴史の流れにのり躍動感ある産業革命の様子など

 素敵に表現されていました。

 歴史と伝統を重んじる国の開会式

 参加国数と同数の204の金属の花びらに聖火が点灯され、

 それが高くそびえて、一つの大きな聖火になる様子も素晴らしかったです。

 開会式のフィナーレは、ポール・マッカートニーの「ヘイ・ジュード」の

 耳慣れた好きな曲が流れ、会場みんなでの合唱に変わっていくところも

 なんだか感動的でした。



 メダルが期待できる選手もたくさんいて

 団体にしても、個人にしても、どの競技にも応援が熱くなりそうです。

 感動のオリンピック期間を楽しみたいと思います。





PICT0001.JPG

 5月に東京に行ったときに観た、「大エルミタージュ美術館展」で買った複製画です。

 ルーベンスの「虹のある風景」


 虹は、何となく期待感と幸福感を感じさせてくれます。

 心があたたかくなるような絵です。


 

終わりに近いアジサイたち [庭の花]

PICT0004.JPG

 ブルーのウズアジサイ(オタフクアジサイ)と白いアナベル

PICT0005.JPG

 庭のアジサイも終わりに近くなってきました。

 梅雨の時期に、美しい色や姿で爽やかな気持ちにしていてくれたアジサイたち

 
 薄い緑から、日にちが経つにつれ白くなったアナベル

PICT0013.JPG


 



PICT0006.JPG

 生けてある器は、陶器の灰皿です。

 主人は、数年前に禁煙しました。

 いろいろな器に、花を生けても楽しめますね^^



 薔薇のステファニードモナコです。

PICT0044.JPG

 この薔薇も時間の経過とともに、花びらの形も変わってきました。

PICT0010.JPG

PICT0085.JPG

 同じ薔薇でも、形が変化したりして

 そのような姿を眺めるのもおもしろいです。



 ミスターリンカーンの蕾

PICT0024.JPG

 開いた鮮やかな赤い薔薇

PICT0082.JPG

 このミスターリンカーンは、とても香りがまた良いです。

 
 薔薇のようなインパチェンス

PICT0063.JPG

 奥の方には、一重のピンクのインパチェンスが見えています。


 霜に弱い花なので、冬は室内に置いていました。

 春先にあって外に出し、今お花をつけています。




 7月に入り、もう今年も半年過ぎ、もう後半に入ったと思うと、季節の経過と共に

 時の流れは速いです。

 もう半年しかないと思うか、あと半年あると意識するかで

 時間の使い方に、気持ちの入りようも違うような気がします。

 今のこの時間、一日一日大切に過ごしたいなと

 ときの経過を実感するとき思うことです。




 明日から、倉敷の娘の所へ用事を兼ねて遊びに行って来ます。

 次回の記事は、帰ってからアップしますね。




 

 

ブルー系の花 [庭の花]

PICT0033.JPG

 ロベリアの花

 和名では、瑠璃蝶々  

 名前の通り、瑠璃色の蝶々のような可愛いお花ですね。


PICT0028.JPG

 ロベリアの花言葉=謙遜・譲る心


 ブルーのお花は、清涼感を感じさせてくれる花たちです。

 梅雨時期や夏には、爽やかな気持ちになります。



 キャンパスブルー

PICT0034.JPG

 キャンパスブルーは、別名イソトマともいいます。

PICT0035.JPG

 キャンパスブルーの花言葉=優しい知らせ




 ブルーデージー

PICT0004.JPG

 ブルーデージーの和名は瑠璃ひな菊

 花言葉=幸福・恵まれている

 

 

 忘れな草

PICT0025.JPG

 忘れな草の花言葉=真実の愛・私を忘れないで

 

 忘れな草の可憐な花には、中世ドイツの物語があります。

 若い騎士ローランが、美しい許嫁のベルタと、ドナウ川のほとりを歩いていました。

 川の中ほどの小島に、美しい花が咲いているのを見つけます。

 ベルタの瞳と同じ色の青い美しい花。

 ベルタに取ろうと、川を泳いで小島に渡り、花を摘みました。

 しかし、花を持って戻る途中で、川の深みにはまり、急流に押し流されてしまいました。

 ローランは、花を川岸のベルタに投げて、

 「私を忘れないで」と叫びながら、ドナウ川の波の中に消えていきました。


 忘れな草にまつわる哀しいお話です。


 
 好きな詩に、アレントの「忘れな草」があります。

 上田 敏の訳です。


  ながれのきしのひともとは
  みそらのいろのみづあさぎ
  なみ、ことごとく、くちづけし
  はた、ことごとく、わすれゆく

 
  
 忘れな草の物語が浮かんでくる美しい詩です。

  


 最後に美味しい飲み物です。

 ベリー系のジュース

PICT0127.JPG

 色もきれいで、ベリー好きな人にはたまらないジュースです。

 ベリーは大好きなので、毎朝食べるヨーグルトドライフルーツを入れたり

 よく、ケーキなども、ベリーのタルトやシフォンケーキを選んでしまいます^^

  


アナベル [庭の花]

PICT0001.JPG

 渦アジサイです。

 花弁が曲がっていて、渦を巻いているように見えるところからの名前です。

 おたふく豆に似ていたりするところから、オタフクアジサイや、泡アジサイの別名もあります。



PICT0036.JPG

 クルンと曲がっていて、可愛らしいアジサイです。

 年々、花数も多くついてきて、嬉しく思うことです。


PICT0016.JPG


 前記事で、真っ白なガクアジサイを載せました。

 だんだん日にちの経過とともに、赤く班が入って来ますと述べましたが、

 その途中経過の様子です。

PICT0017.JPG

 



 アナベルというアジサイも咲いています。

PICT0018.JPG

 初めは、薄い緑色ですが、だんだん白くなっていきます。

 葉っぱも他のアジサイの葉と、形が違うのも特徴です。

 アナベルの花言葉=ひたむきな愛


 アナベルという名前も素敵なアジサイです。

 エドガー・アラン・ポーの詩に、「アナベル・リー」という美しい詩があります。


     <アナベル・リー>

 長いながい年月が経ってしまったけれど、

 海のほとりの王国に、 一人の少女が住んでいて、
   
 アナベル・リーと呼ばれていたよ。

 そして、この少女の想いはたったひとつ、

 僕を愛し僕に愛されること、それだけだった。


 僕は子供だったし、彼女も子供だった。
   
 海のほとりの王国で。

 それでも、僕たちはとても愛し合っていたんだ
   
 僕と僕のアナベルリーはね。

 天国の翼のある天使たちも欲しがっていたよ、
   
 僕と彼女の愛を。

 そう、これが理由なんだ。遠い昔、
   
 海のほとりの王国で、

 雲の間から吹き下ろしてきた風が、僕のアナベル・リーを凍りつかせた。

 そう、彼女の高貴な一族がやって来て、僕のところから連れ去ってしまった。

 彼女を墓の中に閉じこめるために、海のほとりの王国で。

 天使たちさえも、僕たちの半分も幸せでなく、
   
 彼女と僕を妬んでいた

 そうなんだ!-それが理由だった(誰でも知っているように、海のほとりの王国で)

 雲間から吹き下ろしてきた夜の風が、僕のアナベル・リーを凍らせ、そして殺した。

 でも、僕たちの愛はどんな人の愛よりも強かった、
   
 僕たちよりも年を重ねた人よりも
   
 僕たちよりも賢い人よりも

 
 
 そして、天国の天使も、海の底の悪霊も、
 決して僕の魂を引き離すことは出来ないのだ。
 美しいアナベル・リーの魂から。 

 
 なぜならば、月の光は僕に夢を運んでくれる、
   
 美しいアナベル・リーの夢を。

 そして、夜空の星は僕に光り輝く瞳を感じさせる、
   
 美しいアナベル・リーの瞳を。

 そう、夜が来るたびに僕はたたずむ、その傍らに、

 僕の愛しい-愛しい-僕の命、僕の花嫁
   
 海のほとりの墓に、
   
 鳴り響く海のほとり、彼女の墓に。



 
 


 昨日、6月16日は、結婚記念日でした。

 6月の花嫁は、ジューンブライドと呼ばれます。

 英語のjuneは、ゼウスの妻、ジュノー(juno)からきています。

 ジュノーが、結婚生活の守護神で、ジュノーが守護している月が6月。

 だから、6月に結婚すると、ジュノーの加護を受けて、生涯幸せになれると

 言われているようです。


 ジューンブライドにしようと決めたわけではないのですが、

 日程的なことなど諸々で、この月に偶然にもなりました。
 
 
 

 私の結婚式当日は、梅雨の合間の、とてもお天気のいい日でした。

 みんなに祝福され、今でもその日のことをよく覚えています。

 昨夜は、その記念日に外のディナーお祝いしました。

 家の近くにある、「霧の蔵ブルワリー」での、

 前菜からデザートまでの記念日の食事です。

PICT0039.JPG

PICT0040.JPG


PICT0041.JPG

PICT0043.JPG

PICT0044.JPG


 主人にも、感謝の気持ちで、これからも仲良く暮らしていけたら

 それが何よりも幸せなことです。







 



 

庭のアジサイ [庭の花]

PICT0046.JPG

 アジサイの花。

 ガクアジサイです。


PICT0038.JPG


 同じアジサイでも、光の差し込み具合でもまた雰囲気が違うように思うことです。


PICT0048.JPG

 雨がとても似合うアジサイですが、やわらかい日差しにもあいますね。

 このガクアジサイは、最初は真っ白ですが、そのうちに赤い斑が入って来ます。

 またその様子は次回にでも、アップしますね。



 
PICT0031.JPG

 このアジサイは、淡いピンクの色ですが、

 日にちが経つにつれて、紫や濃いピンクの色に変わってきます。



PICT0077.JPG


 土の酸性、アルカリ性でも、花の色が変化すると言いますが

 その変わり目の様子からでしょうか、

 アジサイの花言葉には、「移り気」という言葉もあります。


PICT0066.JPG

 
 私は、その色が変わっていく様子も、楽しみに、よく眺めることです。

 しっとりとした、爽やかさも感じさせてくれる花ですよね。


 

 飾り棚には、今の季節の花、アジサイのちぎり絵の額を飾っています。


PICT0032.JPG


PICT0084.JPG


 

 
 薄い赤紫色のガクアジサイです。


PICT0069.JPG


PICT0053.JPG


PICT0054.JPG





 庭には、泡アジサイやアナベルのアジサイなども、咲いていますが

 またこちらも次回にアップします。


 娘が昨年もらった「墨田の花火」という鉢植えのアジサイを地植えしたのですが

 今年は、茎は伸びましたが、葉っぱだけで花芽はつけませんでした。

 来年、咲くかなと期待しているところです。



 昨日は、大切な方のお葬式でした。

 息子のサッカーを通じて知り合った方です。

 息子たちのサッカーの応援にいっしょにいったり、

 親同士での飲み会で、楽しいお付き合いをさせてもらっていた方。

 笑顔の美しい素敵な方でした。

 葬式の最後に、身内の方の御挨拶で、

 「ヒマワリのようにいつも笑顔の絶えない人でした。

 そしていつも前向きに、明るく生きていていた人。」と言われました。

 ほんとうに、私もヒマワリのような人だったなと、

 生前のその方の笑顔が浮かび、胸が痛むような悲しみを感じました。

 闘病生活も、壮絶な感じだったと思います。

 向こうに逝かれるには、まだまだ若すぎる感じもしますが、

 精一杯生きられましたね。安らかに眠ってくださいと、

 涙ながらにお祈りしたことです。

 そして、これまで楽しいお付き合いをしてくれて、心からありがとうと

 お別れの儀式で伝えたことです。





 


庭のハーブなど [庭の花]

PICT0016.JPG

 アルバストラムの花です。

 5月くらいから花が咲き始めます。

 蔓性ではって広がり、宿根で、丈夫な花です。


PICT0019.JPG


 ハーブのカモミールの花といっしょに生けました。

 とても爽やかな気持ちになります。

 カモミールは、種から育てましたが、可愛い白い花をつけてくれました。

 リンゴの香りのするカモミール

 いくつか花をとって、フレッシュハーブティーにして、飲みました。

 良い香りがします^^



 庭にあるハーブをいくつかのせますね。

 お料理や飾りに使ったりといろいろ重宝しています。



 ワイルドストロベリーです。


PICT0076.JPG

 白い可愛い花が咲いたあと、赤い小さな苺がなります。

 ミニチュアダックスの我が家のマロンも苺が大好きで、とって見せると

 ちょうだいと言う感じで、すぐにお座りして待っています。





 ミント


PICT0047.JPG



 タイム


PICT0050.JPG


  
 バジルは、パスタ料理などとてもよく使いますね。

 ホームセンターで、すぐに芽が出てくるバジルがあったので、育ててみました。

PICT0020.JPG

 出窓の日当たりの良いところに置いたら、芽がいっぱい出てきました。


PICT0019.JPG


 今ではとても大きくなってきました。


PICT0022.JPG


 あちこち、間引いて、台所のドアを開けたところにあるプランターに植えました。

 夏には冷製パスタもよく作るので、かかせないハーブです。


 ボリジです。

PICT0014.JPG

 星形の青い花が美しいです。

PICT0005.JPG






 和のハーブと言ったらいいのでしょうか、

 三つ葉です。


PICT0044.JPG


 吸い物やお味噌汁に浮かべても美味しいし、和食にいいですね^^


 植えた覚えはないのですが、北側のコンクリートの間から、山椒の木が出てきています。

PICT0041.JPG

 タケノコの酢味噌和えなどにちょっと添えると、風味がとても良くなりますね^^


 
 あと、前にも載せた事がある

 ローズマリーラベンダー、チェリーセージ、ナスタチウムなどありますが、

 花も楽しめ、香りで癒され、お料理やデザートにも使えるハーブ

 育てながら、楽しみをいっぱいもらえています。


 数日前に、早朝、台所の勝手口から三つ葉をとろうと、外に出たら

 「おはようございます。」と見知らない女性の方が、朝の散歩の途中か、

 フェンスの向こう側にいらっしゃいました。

 「これ、ローズマリーですよね。一枝もらっていいですか。」と言われ

 私も、「どうぞ、どうぞ。フェンスから出たりするから、よく刈り込んだりするのです。

 何本でもとってくださいね。」と答えたことでした。

 庭のハーブのローズマリー、喜んでもらえて良かったです。




庭の薔薇② [庭の花]

PICT0032.JPG

 薔薇のサマンサです。

 一枝に、4つくらいの花がついて、それだけでブーケのようです。


PICT0033.JPG

 花びらも多く、くるりとカーブして、ドレスのヒダのようです。

 
 庭の薔薇の記事を前に載せましたが、http://rosemarye.blog.so-net.ne.jp/2012-05-09

その続きです。

 今回は、小ぶりのものやミニバラです。


 
 バーガンディです。

PICT0028.JPG

PICT0025.JPG

 バーガンディは、英語でBourgogne(ブルゴーニュ)といい、

 ブルゴーニュが、フランスワインの産地であることから、ワインレッドのことを言うようです。

 花びらの色が、深い紫色で、裏の色は白混じりで

 そのグラデーションも美しい薔薇です。

 棘も少ないです。



 アンジェラです。

PICT0039.JPG

PICT0031.JPG

 花持ちが良く、かわいい丸弁カップ咲きの花です。



 グリーンアイス

PICT0042.JPG

 クリーム色から、緑に、そしてピンク色がかったりもして

 色の変化も楽しめる、蔓性のミニバラです。


 オレンジ色のミニバラ

PICT0014.JPG

 
  
 
 


 

 前のことになりますが、記事にしていなかったので、ここで載せますね。

 私の住んでいるところは、市の花があやめですが

 早水公園にもたくさん咲きます。

 ちょっと見頃が過ぎてしまいましたが、5月6日に見に行きました。


PICT0078.JPG

 花が終わっているのもありますが、それでもまだ楽しめたりもします。

 もう少し前でしたら、青紫色が一面にぎっしりと美しい姿が見られたことと思います。


 各地のアヤメも植えてあったりします。


PICT0074.JPG


 主人の母や、マロンも一緒に行きました。

 休憩場で、主人に抱かれているマロンです。


PICT0076.JPG

 きれいだなぁと思って眺めているのでしょうか^^


 
 庭のアイスバーグです。

PICT0026.JPG

PICT0085.JPG

 花びらのやわらかい質感の素敵な薔薇です。


PICT0077.JPG



 ピエール ドゥ ロンサールやデスティニーなどの薔薇は、満開を過ぎて花が終わり、

 今はまた、次の蕾たちが開くのを待っているところです。

 もうすぐ、赤いミスターリンカーンの蕾がまた開こうとしています。

 四季咲きの薔薇たちは、5月初旬の頃のようにいっせいにたくさんは咲きませんが

 長い期間、これからも花を楽しませてくれます。

 庭のアジサイも咲き始めました。

 また、後日記事にしたいと思います。


 今日は、小雨日和の少し肌寒く感じる日です。

 天候が変わりやすく、温度差もけっこう激しかったりするので

 体調管理に気をつけないといけないですね。


 


庭の薔薇 [庭の花]

PICT0018.JPG

 花瓶に挿した、ピンクの春かすみと白のアイスバーグです。


 4月の頃から薔薇が庭で咲き始めました。

 最初に咲いたのは、春かすみです。


PICT0016.JPG

 それから、プレイボーイ

PICT0017.JPG

 このプレイボーイは、オレンジ色ですが、微妙にその花その花で、色が違います。

PICT0001.JPG

PICT0019.JPG


 マダムビオレ

PICT0001.JPG

 紫色の優雅な感じの薔薇です。




 ミスターリンカーンの一番花は、牡丹のようにとても大きい花です。

PICT0004.JPG

PICT0002.JPG


 ピエール ドゥ ロンサール

PICT0024.JPG

PICT0094.JPG

 花瓶に挿したりして、家の中でも眺めています。


PICT0062.JPG

 やさしい色合いの薔薇です。


 赤いバラのサマンサ

PICT0008.JPG

PICT0023.JPG

 ピエール ドゥ ロンサールとサマンサです。


PICT0103.JPG


 アイスバーグ

PICT0007.JPG

PICT0024.JPG

PICT0022.JPG

 ソフトな白い花びらが素敵です。

PICT0099.JPG

PICT0068.JPG

 デスティニィ

PICT0089.JPG

PICT0090.JPG

 アヴェ マリア

PICT0092.JPG

 サーモン色といったらいいのでしょうか、素敵な色合いの薔薇です。


 ストロベリーアイス

 美味しそう名前です。

PICT0097.JPG

PICT0019.JPG

 
 画像が多くなってしまいました。

 また、少しずつアップしていきますね。


 一日一日で、朝、庭に出ると、蕾から開く薔薇の数が増えていて

 それを眺めるときに、とても幸せな気持ちになります。

 主人の母と同居するときに増築して、庭がとても狭くなったのですが

 それでもそんな中で、きれいに薔薇が咲いてくれて、とても嬉しいです。

 薔薇に「素敵な姿を見せてくれてありがとう。」という思いで、
 
 
 
 眺めたり、水やりしています。


 
 5月5日、親戚の娘さんの結婚式に出席しました。

 とてもジーンと感動するあたたかい結婚式・披露宴でした。

PICT0030.JPG

 
 小さい頃から知っていて、その成長も見てきたので、

 その美しい花嫁姿に、感慨もひとしおでした。

 
 

 
 明後日から、用事を兼ねて、4日ほど東京の娘のところに行って来ます。

 楽しみに行って来ますね。

 帰ってから、また記事はアップしたいと思います。

 つたないブログに、いつも来てくださってありがとうございます。

 


春の恩恵 [庭の花]

PICT0002.JPG

 ニオイスミレ(スイートバイオレット)です。

 耐寒性なので、冬も緑の葉っぱがそのままです。

 春先になって、かわいいお花が咲き出しました。

 葉っぱもハート型で、花に芳香があります。



PICT0006.JPG

 こちらは、友人が引っ越したときにもらったスミレで、

 もう何年も、春になると、可憐な紫の花をつけてくれます。

PICT0005.JPG

 このニオイスミレは、あの皇帝ナポレオンの愛した花でもあります。

 勇ましいナポレオンとは、ちょっと合わないような不思議な感じもしますが

 この清楚でありながら、生命力のたくましさも感じるスミレに

 癒されたのかもしれませんね。

 エルベ島に追放されたとき、「スミレの花の咲く頃には、帰ってくる。」と言った言葉も

 印象に残ります。

 ニオイスミレの花言葉=謙遜・ひかえめ



 昨日、はこちらは、小学校大学卒業式がありました。

 あいにくの雨の卒業式でした。

 でも、これからの門出を祝う、思い出深い卒業式があちこちで行われたことでしょう。


 実家に行ったら、ちょうど木蓮が美しく咲いていました。

 数日前は、咲いていなかったのに、ちょっと驚きです。


PICT0046.JPG


 門の近くにあるのですが、

 ここを通る人たちも、見上げて見て通るよと、父が話していました。


PICT0047.JPG

 ピンクがかった木蓮です。

 雨や風で傷みも早かったりするので、ちょうど美しいときに見れて嬉しい思いです。


PICT0048.JPG

 父もこの木蓮の下で、写真を撮ってあげました。

 そういえば、母も、よく花が好きで、きれいに咲くと写真に撮っていたねと

 昨年逝った母を思い出しながら、父と話したりすることでした。

 
 モクレンの花言葉=恩恵・自然の愛


 強く降っていた雨が、小降りになり、やさしい霧雨の中でのモクレンの姿です。

 晴れていたら、まだ美しい姿が撮れたかもしれませんが、

 春雨のモクレンも、情緒が感じられて良かったです。





 

 

香水の花 [庭の花]

PICT0022.JPG

 ヘリオトロープの花です。

 ギリシャ語の helios(太陽)+trope(向く)で、太陽に向かうという意味です。

 太陽に向かう花といったら、ヒマワリの花も連想しますが

 印象がすごく違います。


 
 和名は、「香水草」「匂い紫」とありますが、甘いいい香りがします。

 古くから、香料にされた花です。

 フランス語では、「恋の花」と呼ばれているようです。

 まさしく、香りは媚薬とも言えるのでしょうか。



 写真は、リビングの出窓に置いてあるヘリオトロープですが、

 玄関の所に置いてある花は、紫がまだ濃い感じです。

 挿し木でも増えるようなので、また時期を見て挿して増やそうと思います。

 ヘリオトロープの花言葉=献身的な愛・永遠の愛

 フランス語の呼び名にもありますが、愛の花という感じがしますね。




 床の間に飾っている桃の花です。

PICT0019.JPG



 ピンクやさしい色がいいですね。

 時期的には、梅の花の後に咲き出しますよね。

 実家にも咲いていて、散歩中にも最近よく見ます。

 我が家には、菊桃という桃がありますが、
 
 

 こちらは、まだ蕾も固くもう少しかかりそうです。


 お彼岸になるので、今日、主人の母と墓参りに行きました。

 車でむかう途中には、

 紫のイワツツジ、黄色いレンギョウも咲いていて、

 春の花たちで、目に飛びこんでくる景色に、気持ちも明るくなりました。

 これに、サクラが咲きだしたら、まさしく春爛漫という感じになりますね。

 これから、ますます春色に街が染まっていきますね。


 お墓参りで、きれいになって、気持ちもなんだかすっきりすることでした。

 手を合わせて拝むことは、それだけで心が落ちつきます。

 ご先祖様に感謝するいい機会です。

 自分の存在が、いろいろな人との縁でここまで繫がっていることを意識します。
 




 

 プリムラ・ジュリアンです。

PICT0012.JPG

PICT0011.JPG

 カラフルな色で、庭に賑わいをもたらしてくれます。

 花言葉の「運命をひらく」も心強い言葉です。


 この3月は、卒業式もありますね。

 暖かくなってきたと思っていたら、急に卒業式の頃は、冷えこんだりして

 子供たちの卒業式で寒い思いをしたこともあります。

 温度の上がり下がりが、けっこうあるので、

 体調にも気をつけないといけない時期でもありますね。

 皆さんも、お体には気をつけて春を楽しんでください。


 
 ちょっと前に行った、宮崎神宮近くの「パリサンク」というお店です。


PICT0040.JPG

PICT0038.JPG

 お店の雰囲気も良くて、お料理もすごく美味しかったです。

 素敵なお店でした。





 
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。